SHINANOYA FOR [2004-2018]1stフィルバーボンバレル#760 【店頭】ベンロマック-モルト・スコッチ・ウイスキー

美濃白川産麦飯石 20kg Mサイズ 熱殺菌済み
コサベラ レディース アンダーウェア 下着 Never Say Never Bootie Thong
ユニペックス 防滴ワイヤレスアンプ WA-372 (WA372)

SHINANOYA FOR [2004-2018]1stフィルバーボンバレル#760 【店頭】ベンロマック-モルト・スコッチ・ウイスキー


BENROMACH [2004-2018]
FIRST FILL BOURBON BARREL #760
FOR SHINANOYA

194本限定
SHINANOYA プライベートボトリング初のベンロマック原酒

a New Traditional of Speyside.

 スペイサイドの地に1898年に設立されたベンロマック蒸留所。
 100年以上の歴史のなかで1980年代には時代の趨勢に巻き込まれての一時休止を余儀なくされるなどその歩みは波乱万丈でもありました。

 その転機が訪れたのは1993年。老舗インディペンデントボトラーであり、シングルモルトというカテゴリーを世に広めたパイオニアでもある
ゴードン&マクファイル社(以下、GM社)が蒸留所を取得。
 長きに渡る大々的な修復後、1998年10月チャールズ皇太子の立会いのもと正式に蒸留が再開され、その息吹を取り戻しました。

 長い眠りの果てに復活したベンロマックでは全てにおいて1960年代以前の失われ行くコンセプト・素晴らしさが色濃く反映されており、麦を初めとする原料をスコットランド産にこだわり、製造工程も機械やコンピューターを使わないという、昔ながらのスペイサイドモルトを目指した貫徹された美学がそこにあります。

 また、ウィスキーシーンでは珍しいオーガニック認証に従った原酒造りや
積極的なウッドフィニッシュへの取り組みなど、オーナーGM社の最先端の実践を感じさせるところでもあります。

 その品質は近年、マーケットでも安定した評価を受け、年々のマーケットへの供給量も増えているところ。特にエキスパートからの支持が高まりつつあり、正にこれからの飛躍が期待される存在です。

 しかしながら、オーナーがボトラーでもあり、他社へのカスク供給による
ボトラーシーンでのリリースは極めて難しく、シングルカスクでのリリースも限られた存在となります。

 今回は弊社スピリッツバイヤーの北梶が現地を訪問。生産者との交渉を経て、共にカスクサンプルを厳選して導き出し、特別に譲り受けた1樽となります。

 選ばれたのは2004年に蒸留された原酒。その年は新オーナーの元、
初のオフィシャルボトルとなった「トラディショナル」がリリースされた記念すべき年でもあります。
 2018年創業120周年、そして再稼動から20年目という2つの節目を迎えたベンロマックから弊社プライベートボトル初採用に相応しい1樽をお届けできることとなりました。

『復活した老舗蒸留所がお贈りする新たな伝統的スペイサイドモルトをこの機会にぜひご堪能下さい!』

---Tasting Note ---
【香り】お香、ピートの煙、救急箱、新品の皮製品、奥から濃厚なバニラ香。
【味わい】口に含むと、甘いオーク、全粒粉ビスケットからジャムパン、フルーツキャンディ、大麦糖アプリコット、砂糖漬けのフルーツ。
【フィニッシュ】フィニッシュは甘いスモーク、蜂蜜レモンと心地良い塩味、ジンジャー、ホワイトペッパー、新木系のスパイスが心地良い。
【コメント】ベンロマック特有14ppmの内陸系ライトピートと濃厚なモルトの甘みが特徴、まさにクラシック、飲み飽きしない1本!
(Tasted by 弊社スピリッツバイヤー 北梶)

Region(地域)Speyside
Cask Type(樽タイプ)1stfill Bourbon Barrel
Cask Number(樽番)#760
Quantity(販売本数)194 btls
Strength(度数) 57.8% vol.
Volume(容量) 700ml

1 / 516